雲のやすらぎプレミアム 使い方で注意するべき3つのポイント

 

すでに改良済みでへたり問題は解消しているけど…10年以上でも長く愛用したいなら3つのポイントに注意!

 

雲のやすらぎの口コミでよく見かけるのが

 

「10日もしないうちにへたる」
「座ったらそこだけ凹んでしまった」
「寝るときに凹んだ部分のせいで腰痛が悪化した」

 

という書き込みです。

 

でも…

 

それは、以前発売していた【雲のやすらぎ】のときのトラブルで、現在の【雲のやすらぎプレミアム】になってからその問題は解消しています。

 

ですが…

 

そもそもマットレス(敷布団も含めて)は、いい加減な使い方をすると寿命が短くなってしまいます。

 

そうならないためにも、使い方も含めていくつか注意するべき点があります。

 

分かりやすく解説していきますので、今後あなたが雲のやすらぎプレミアムを10年以上使い続ける為にも、意識してみてほしいです。

@.へたりが起きる可能性って?実は注意するべき“湿気”

口コミで「へたる」という評価が多いのは旧『雲のやすらぎ』での話

 

先ほども触れましたが、雲のやすらぎは“プレミアム”になってから80000回の耐久試験で99.9%の復元率を満たした耐久性も優れたモノになりました。

 

旧式と比較して最新のプレミアムになってからは5層構造で中心に高反発スプリングマット、その両面に点で体圧分散する凸凹アルファマット、さらに外部の両面に高級羊毛とマイティトップUがより進化しています。

 

 

ただ…

 

日本国産とはいえ、ウレタン素材を使用している時点で、いずれはへたりが来るのは避けられません!

 

そのウレタンが苦手なものとは…ずばり“湿気”です。

 

 

  • 直置きする事でカビが生えやすくなる
  • 一切その場から動かさず使い続ける
  • 同じ部分に負荷をかけ続ける

 

湿気が高いときに、そういった事を繰り返すと“クセ”が付きやすくなって、短期間でへたる可能性が出てきます。

 

雲のやすらぎプレミアムはそうならない工夫がいくつもされていますが、そもそもマットレスを利用するときはなるべくエアコンや除湿器で湿気を少しでも飛ばしてから利用するのが重要!

 

快眠するための寝場所の環境として湿度は40〜70%が適していると言われています。

 

逆に、70%以上の湿気の中毎日雲のやすらぎプレミアムに体重を載せて潰し続ければどうしてもそこだけが凹む、いわゆるへたるという原因になりかねないです。

 

できれば真ん中の50%ぐらい、最低でも70%以内を目安にするのがマットレスの耐久性を下げずに快適な睡眠をとるコツです。

 

マットレスは湿気に弱いけど…対策は『空気を通す』事!(すのこベッドなど)

 

「雲のやすらぎプレミアムって敷布団のくせに直置きOKじゃないの?」

 

公式サイトの説明ですと直置きはOKと書かれていますが、湿気でカビが生える原因になりやすいので積極的には推していません。

 

ですが、除湿パッドを敷いたり、すのこベッドで下に湿気を溜めない工夫をすれば問題ありません。

 

 

わたしの場合ですが、最初の写真の通りにいまは雲のやすらぎプレミアムの下にすのこを敷いて空気が通るようにしています。

 

もちろん、ベッドなど通気がある程度確保されている場合でしたら、載せてマットレスとして普通に利用するのもありです。

A.表は『春夏』用・裏は『秋冬』用なので向きには注意

寿命に直接かかわる部分ではありませんが、、季節に合わせて表裏の向きを変える事で快適さが違ってきます。

暑い日は『春夏用(マイティトップU)』・寒い日は『秋冬(ロレーヌダウン)を』

春夏【 直線キルト面 】

 

縦線が入っている面には『マイティトップU』という抗菌・防臭・防ダニ機能が付いています。

 

夏場は熱がこもって不衛生になりやすいので、これで清潔な状態を保ちつつ、通気性の良いマットを通して湿気を逃し快適です♪

 

限度を超える湿度が無ければ十分にそのパフォーマンスを発揮してくれます。

 

秋冬【 ダイヤキルト面 】

 

こっちの面では、高級なフランス産羊毛の『ロレーヌダウン』を採用しています。

 

温度を逃がさずキープしてくれるので、毛布をかぶりたくなるような寒い時期でもバッチリ対応できます。

 

カバーは外せず洗濯できないので…

 

悪評というほどでもありませんが、ネットの体験ブログなどの評判の中にはカバーが洗えないという書き込みをされている方もいました。

 

その通りで、雲のやすらぎプレミアムはカバーが取り外せない仕様になっているので、汚さないように事前にカバーを購入する必要があります。

 

最悪、高いお金をかけてベッドクリーニング業者に依頼する事になるので、汚さない予防をする事も長く愛用するためのポイントです。

 

※2019年現在 キャンペーンでカバーが無料特典で付いてきます

B.耐久性を高めるお手入れ【“立てかけて干す”事と“向き変え”】

ここは定番かもしれませんが、雲のやすらぎプレミアムの寿命を延ばしてくれるシンプルながら一番効果的な方法です。

収納性は低いので無理にしまうのをやめてみる

 

雲のやすらぎプレミアムは17cmとかなり分厚いので、無理に折りたたみせずに雲のやすらぎプレミアムを壁に立てかけて陰干しのようにするのも十分良い方法です。

 

 

押し入れ(クローゼット)などにしまうのが面倒なら、いっそのことこうやって立てかけたほうが収納性の問題が解消できますし、通気が良くなりより長持ちします。

 

腰痛などで重さのあるマットレスを抱えたくない方なら、こちらのお手入れ方法のほうが合っていますよ。

 

また、向きを変える事も大事なポイント!

 

 

なかなか湿気対策が難しかったり、立てかけて干すのが厳しい場面などが多いときは、二週間に一回は向きを変えてみましょう。

 

表裏ではなく、上下の向きを反対にしてみるだけでも寝るときの負荷のかかり方が分散して部分的な負担を与えないようになります。

 

これだけでも、寿命が延びて雲のやすらぎプレミアムを長く愛用できるようになるはずです。

まとめ&私がこのマットレス(敷布団)を利用して感じた評価としては…

使い方に注意してへたる事なく続けて腰痛がかなり緩和!

いまわたしは1年以上使い続けていますが、特にトラブルなく使い続けています。

 

 

 

へたるなどは無く身体がまっすぐのまま寝られるし、寝返りして横向きになってもぜんぜん腰痛に響きません♪

 

枕は低めのものを利用してなるべく頭から足先までまっすぐになるようにしていて、姿勢が良いのかラクですね。

 

これを購入した当時ですが、とくに最安値ショップなどは無く定価&全額返金保証付きで公式の特設の販売店から購入しました。

 

当時は、会員になっている楽天かアマゾンでポイント利用で購入しようと思っていましたが、その2つでは返金保証が付かない事を考えるとこの選択は間違っていませんでした!

 

大きいのがデメリットですが下手な有名メーカー(店舗)の寝具より快適

とはいえ、もちろん良い事ばかりじゃなく、その厚みと重さがすこし面倒に感じる事はあります。

 

たまに床掃除をしようと、すのこをしまって雲のやすらぎプレミアムを三つ折りにして押し入れにしまおうとするんですが、シングルサイズでも7kgと重めです…

 

また、大きいから押し入れの角にガッ、ガッ、と引っかかってイライラすることもあります(汗)

 

なので、最近はもうしまったりせずに立てかけて干す事しかしていません。

 

とはいえ、寝心地はわたしが今まで使ってきたマットレスの中では最上位レベル!

 

以前はウレタン1層の10cmマットレス(某有名なメーカー)を購入しましたが、安い敷布団の上に敷いても床付き感があり腰が痛くて仕方なかったのと、冬場だと寒くて仕方ありませんでした…

 

雲のやすらぎだとその2点を解消できるので、そこだけでも買う価値は十分ありました♪

 

今後、もし雲のやすらぎプレミアムがある限りはまたリピートしようと思います。

 

\100日間 返品・返金保証つき/

TOPへ