雲のやすらぎプレミアム エアウィーヴを比較 メリット・デメリット

 

雲のやすらぎプレミアムとエアウィーヴの違いからわかる意外なメリット・デメリットは?

 

まずはお互いの特徴を料金やサイズなどでまとめてチェックします!

 

雲のやすらぎプレミアム・エアウィーヴの価格・種類・サイズ・重さなどなど

雲のやすらぎプレミアム(敷布団) エアウィーヴ(ベッドマットレス)
価格

シングル:39,800円(厚さ17cm)
セミダブル:49,800円(厚さ17cm)
ダブル:59,800円(厚さ17cm)

◆エアウィーヴ ベッドマットレス S01(厚さ18cm)
シングル:97,200円(税込)
セミダブル:110,160円(税込)
ダブル:123,120円(税込)
クイーン:140,400円(税込)
◆エアウィーヴ ベッドマットレス S02(厚さ21cm)
シングル:129,600円(税込)
セミダブル:145,800円(税込)
ダブル:162,000円(税込)
クイーン:183,600円(税込)
◆エアウィーヴ ベッドマットレス S03(厚さ25cm)
シングル:172,800円(税込)
セミダブル:194,400円(税込)
ダブル:216,000円(税込)
クイーン:248,400円(税込)
◆エアウィーヴ ベッドマットレス L01(厚さ28cm)
シングル:237,600円(税込)
セミダブル:259,200円(税込)
ダブル:280,800円(税込)
クイーン:313,200円(税込)
◆エアウィーヴ ベッドマットレス L02(厚さ35cm)
シングル:345,600円(税込)
セミダブル:378,000円(税込)
ダブル:410,400円(税込)
クイーン:453,600円(税込)

送料 無料

マットレスパッド:全国一律800円(税抜)
※ベッドマットレス(お客側組み立て)も含む
ベッドマットレス:全国一律5000円(税抜)
※完成品のみの送料

重さ

シングル:7kg
セミダブル:8.4kg
ダブル:9.8kg

シングル:約17kg〜38.5kg
セミダブル:約20.5kg〜53.5kg
ダブル:約24kg〜34.5kg
クイーン:約27.5kg〜39kg

サイズ

シングル:幅100cm,長さ200cm
セミダブル:幅120cm,長さ200cm
ダブル:幅140cm,長さ200cm,

シングル:幅約100cm × 長さ約195cm
セミダブル:幅約120cm × 長さ約195cm
ダブル:幅約140cm × 長さ約195cm
クイーン:幅約160cm × 長さ約195cm

返品・返金保証

100日間全額返金保証付き
※100日以上使用後15日以内に連絡

30日間の全額返金保証付き
※30日以内までにコールセンターへ電話

特典

・専用カバー(期間限定)
・2枚目5000円オフ

特になし
特徴 日本の第三者検査機関で80000回の繰り返し圧縮試験で復元率が99.9% 三次元に繊維が絡み合ったエアファイバー(90%以上が空気)で体圧分散と寝返りをサポート
ベッドタイプ 敷布団 ベッドマットレス
販売会社

販売:一番星オンラインショップ
会社名:株式会社イッティ

販売:エアウィーヴオンラインショップ
会社名:株式会社エアウィーヴ

取り扱い
(楽天・アマゾン)

楽天・アマゾン共にあり(価格は公式と同様)
公式ショップサイトのみ100日間返金保証あり

楽天・アマゾンなど通販や実店舗販売あり(価格は公式と同様)
※30日間返金保証あり

特徴

・新クロスクラウド製法(点で体圧を分散)
・マイティトップU(防ダニ、抗菌、防臭)
・ホルムアルデヒド基準クリア(子どもにも安心)
・高品質羊毛『ロレーヌダウン』で適切温度に
・ウレタンがすべて日本製
・優れた通気性で湿気を排出

・3次元の繊維が絡み合ったエアファイバー
・3分割でお好みの硬さと交換可能
・カバーを外せばシャワーなどで洗える
・種類によって腰痛対策強化に効果的なタイプもあり
・90%以上が空気だから通気が良く湿気をため込まない

製造国 日本 日本

 

比較してみると、やっぱり圧倒的にエアウィーヴのほうが種類が多いです。

 

エアウィーヴ ベッドマットレス S01(標準の厚み15cm)

エアウィーヴ ベッドマットレス S02(標準機能に厚みを加えた18cm)

エアウィーヴ ベッドマットレス S03(硬さの違うパーツでカスタム可の20cm)

エアウィーヴ ベッドマットレス L01(腰痛へ効果の高いモデルの24.5cm)

エアウィーヴ ベッドマットレス L02(腰痛へ効果の高いモデルの30cm)

 

これらのマットレスは3分割ができるので、硬い部分、柔らかい部分を入れ替えて寝心地を変える事もできる自由度の高さがウリです。

 

 

テレビCMで圧倒的に知名度も高いので、口コミなども多く見受けられます。

 

とくにインスタでの口コミの書き込みが多いですね。

 

 

 

また、雲のやすらぎプレミアムは通販のみですが、エアウィーヴは通販だけじゃなく実店舗での販売もしているので、こちらのほうが知名度は高いです。

 

とはいえ、エアウィーヴのマットレスはシングルサイズの最安値でも97,200円〜と高めなので、敷居が高いのがネック…

 

雲のやすらぎプレミアムは一種類のみでサイズはシングル〜ダブルまでですが、39800円の比較的良心的な価格でありながら寝心地は高評価で、9割以上の方の口コミでの評価が高いです。

 

雲のやすらぎプレミアム 楽天の口コミ

 

雲のやすらぎプレミアム Yahoo!ショッピング口コミ

 

いったいどっちがどう優れているのか、選ぶべきはどっちなのかについて、あるいくつかのポイントを元に比較しました。

この2つのマットレスを比較して分かったある4つのポイント

 

@.耐久性やコスパは雲のやすらぎプレミアム!

 

たぶん、エアウィーヴの価格を見たときにこう感じた人は多いんじゃないでしょうか。

 

「いくらなんでもマットレスに10万近くかかるって…」

 

1日の2/3を共に過ごす寝具ですから、もちろんこだわりの高いマットレスを選ぶべきなんですが…

 

エアウィーヴにはこういった不安要素があります。

 

  • 90%が空気=わずか10%の繊維で身体を支える
  • 寝返りするときにギシギシと音が漏れてしまう
  • 耐熱性は弱め(電気毛布や湯たんぽ不可)

 

極端ですが、エアウィーヴで仮に厚みが20cm近くあってもその10%(2cm分)で身体を支えるような状態です。

 

口コミの評価では、数週間や半年でへたる!といった書き込みもあり耐久性に難を感じる事も。

 

それに対して、雲のやすららぎプレミアムはエアウィーヴより圧倒的に安い約40000円なのに

 

・新しくリニューアルされて耐久性が強化
・80000回もの耐久性テストで99.9%復元

 

といった内容でコスパが劇的に改善されました。

 

 

こういった点や評判から、コスパ重視なら雲のやすらぎプレミアムのほうが良いです。

 

A.清潔さだとエアウィーヴ【通気性やカビ・ダニ対策】が優秀

 

先ほども触れましたが、エアウィーヴの90%は空気となっているので…

 

  • 通気性が抜群に良く夏場に蒸れない
  • シーツカバーを外して丸洗いができる

 

といった特徴があります。

 

インスタなどの評判でもここでの評価が高く、シャワーで丸洗いして天日干しする方も。

 

 

 

雲のやすらぎプレミアムも抗菌・防ダニの素材を使った敷布団ですが、カバーの取り外しはできず洗濯も不可です。

 

どうしても洗う場合は、クリーニング業者へ依頼する形になります。

 

衛生面を考えるようなら、エアウィーヴに軍配は上がりますね。

 

B.収納性や重さはどちらも△

 

 

正直な所、収納力はどちらもあまり良くはありません。

 

 

雲のやすらぎプレミアムは三つ折りにしてもこの分厚さで、押し入れにしまうには苦労するサイズです。

 

エアウィーヴも、収納するときはそのまましまえないので、カバーを外して3つのパーツに分けてから仕舞うといった流れになります。

 

エアウィーヴを組み立てると…?

 

ただ、基本的にはどちらも出しっぱなしで、立てかけておくなどして通気を確保しておけば湿気対策(カビやダニ防止)として十分なので、ここはあまり問題にならないです。

 

C.体圧分散は『雲のやすらぎプレミアム』/寝返りは『エアウィーヴ』

 

 

腰への負担が大きい方にとっては、身体の一部へ負担がいかないよう体圧分散できるマットレスや敷布団が◎!

 

そういった点では、体圧分散性に優れた雲のやすらぎプレミアムがオススメです。

 

 

旧式から新バージョンになった事で、腰への負担が減り腰痛対策の敷布団として評判も高いです。

 

睡眠の質を高めたいという方は、寝返りがしやすいエアウィーヴがオススメです。

 

高反発のウレタンマットレスを超える硬めのファイバー繊維で、反発で寝返りがスイスイ行えます!

 

・夜中に目を覚ましやすい方
・朝起きたときに身体の節々が痛い
・柔らかいマットレスに違和感を感じる

重さ・耐久性・収納性などを比べてわかるメリット・デメリットまとめ!

 

今回の内容を簡単におさらいして、雲のやすらぎプレミアムとエアウィーヴを比較してわかったメリット・デメリットについてまとめます。

 

雲のやすらぎプレミアムのメリット・デメリットまとめ

メリット
  • 5層設計の優れた体圧分散で腰痛を軽減
  • 17cmの厚みで床付き感がない
  • 高級羊毛だから身体が冷えない
  • 国産だからこその優れた耐久性(復元率99.9%)
  • 防ダニ、抗菌だけじゃなく防臭機能で衛生面◎
  • 『ホルムアルデヒド』クリアで子どもも安心
デメリット
  • 直置きでカビが生えやすい(すのこベッド等推奨)
  • 折りたたみに苦労する(三つ折りが限界)
  • 押し入れにしまうのに苦労する厚み
  • 直接洗濯ができない(カバーも含めて)

 

エアウィーヴのメリット・デメリットまとめ

メリット
  • 90%が空気で夏場も快適な抜群の通気性
  • カバーも中身も丸洗いできて清潔面◎
  • 3D構造の高反発繊維でスイスイと寝返りできる
  • 3分割できて頭・腰・足で硬さをカスタムできる
  • 種類が豊富で自分に合った厚みや硬さが選べる
デメリット
  • かなり硬めで腰痛への負担が大きい
  • 返金保証の期間が30日間以内と短い
  • 価格が他メーカーマットレスよりかなり高い
  • 電気毛布や湯たんぽが使えない

 

普段の睡眠の質を高めたいようでしたらエアウィーヴ、腰痛対策や寒い時期に腰の冷えが気になる方は雲のやすらぎプレミアムが良いですね。

 

経済面を考えてでしたら、価格が安い雲のやすらぎプレミアムがオススメですが、できる事ならまずは店舗でエアウィーヴを体験してみて、気に入ればそのまま購入でも良いかと思います。

 

30日以内なら返品・返金保証があるので、そこは安心ですね。

 

逆に、腰に負担を感じるようでしたら、雲のやすらぎプレミアムで100日間試してからダメなら返金保証、良かったら継続という流れが損しないかと思います。

 

\100日間 返品・返金保証つき/

TOPへ